作業療法士

リハスタジオアルモ都島
正社員
2022年入社
K.Iさん

プロフィール

好きな食べ物サラダ、かき氷
趣味コーチング
ストレス解消法ディズニー旅行、映画鑑賞
大切にしていること適材適所
社内での役割生活相談員&アドバイザー

インタビュー

なぜデイサービス(アルモ)に来たのか?

単純に代表に誘われたから!笑

ただ病院時代に色々な葛藤があり、もっと地域の中で自分が関われないかとずっと悩んでいました。

そんな時にデイサービスを通して『まちづくりがしたい』という代表の想いを聞き、

自分の中でどんなことをしていくのかが単純に気になり、そして自分に何ができるのかを考えたのがきっかけです。

病院時代との大きな違いは?

チームという要素をすごく感じます。

病院ではチーム医療といいながらもリハビリの現場はマンツーマンが主流です。

だけど、デイサービスでは同じ空間で違う職種の方々と一緒に、サービスを提供するという点では、

全くの個人プレーだけではうまくいかないことが多いというのが実際です。

そしてご利用者様に関わるケアマネさんなども含めると、その幅はすごく広がります。

大事なことはこのチームをどうみんなが共通認識で動けるかという点で、病院との大きな違いを感じています!

現在の仕事内容や立ち位置は?

作業療法士(OT)として現場で何をする?といったことではなく、今は生活相談員という立場でご利用者様と関わることが多いです。

その一つが契約で、実際にご自宅にいき、生活状況を確認しながら、デイサービスではどういったことを目標にするのかを考えることにOTとしての今までの経験がすごく役立っています。

それ以外には好きなコーチングを活かしてスタッフ等との対話を通して、どうすれば目的・目標や仕事に対するやりがいがもてるかを聞いたりすることも、組織マネジメントとして自分が関わってる部分でもあります。

こういった自分にできること、自分だからこそできることを考えてくれることがすごく自分の成長につながっているということを実感しています。

ぶっちゃけアルモってどう?

自分は創業初期から関わり、1年で二店舗目のオープンや旅行事業などの新しい取り組みを通して、

本当に毎日が目まぐるしく、正直今は忙しいというのが現状ですね!

だけど、その分自分がやらないとという部分もあり、充実感はすごくあります。

スタッフが増えていくことでいろんな方と話をすることが多く、

今後どんなチームになっていくのか、その中で自分が何をすべきかも、今後の自己成長の場としてすごく楽しみの一つとして捉えています。

一番印象に残っていることは?
ご利用者様のやりたい夢や目標が叶えられた時ですね!

これは個人の成果ではなく、チーム全体でその方に何ができるかを考え、さらには周囲の方々を巻き込み、その方がしたかったこと(だけどずっとできなかったこと)を達成した結果で、その時の笑顔を今でも忘れません。

こういったことがデイサービスを続けてるとたくさん遭遇することがあり、そんな報告をうけることが今は一番の楽しみになっています。
アルモへの転職を考えてる方へのメッセージ
とにかく今の現状に悩んでいるなら、一度飛び出してみるのも一つの選択肢だと思います。

私もデイサービスと聞いて初めはこんな場所と思っていたが、実際は全然違ったし、

知らないことに蓋をするのではなく、自分が輝ける場所を自分で探して、そして磨いていくこともすごく大事だと思います。

そういった意味でも療法士が立ち上げるデイサービスって色んな可能性があるので、

是非たくさんのことにチャレンジしてみてください!アルモはそれを全力で応援してくれる会社です!

WORK STYLE

8:20
出社・送迎

契約や体験などの全体予定を把握。

関係各所への必要な連絡なども実施。

時に送迎に出ることもあります。

9:00
午前の部スタート

契約がある時は最大2件、それぞれのご自宅に向い契約業務を行います。

ご利用者様やそのご家族、ケアマネなどと連携をとっていきます

12:30
昼食

スタッフ等とコミュニケーションを図ったり、

体験などの調整や電話連絡なども隙間時間で行います。

13:30
書類整理・作成

事務所内で必要な書類管理や整理などを行います。

計画書や実績などの確認も行なったりしています。

人員が足りない時は現場に入ることもあります。

16:40
送迎

午後の方々の送り出し。

車の中で当日の様子などを聞くのも良い時間。

17:10
ミーティング

本日の反省点や改善点、その日の良かったことなどを振り返る。

明日の予定の確認と送迎のチェック。

18:00
帰宅

定時で帰る時もあれば、翌日の契約業務や書類業務で残業になることもあります。